食器にらくがきをしてはいけません。

陶磁器の絵付けとかお店とかフランスのお話。       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「九州古陶磁の精華」展

 
「茨城県陶芸美術館」に行ってきました。


Alex 009

Alex 011

現在、「唐津・鍋島・柿右衛門 九州古陶磁の精華 田中丸コレクションのすべて」が開催されています。

http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/

鍋島に関する展示は、いままでいろいろ見たことがあり、重複しているものも多いのですが、初めて見る図柄もたくさんあり、とても面白かったです。

展示室は1Fで、それほど広くはないのですが、見ごたえは充分でした。

2階、3階の展示も特別展の券で見ることができます。

2階の人間国宝の展示物も、すばらしいものがたくさんあります。

併設のショップで、図録と図案の本を買いました。また本ばっかり増えていくなあ・・・ ^ ^;

美術館のほかにも、別の建物がいくつか。中にはショップや喫茶店があり、とにかく広い敷地です。

Alex 010  

Alex 013 

↑登り窯もあります。

和風喫茶で雛パフェを食べました♪

SN3E0112.jpg 

 

美術館に向かう途中、茨城県大子町にある「袋田の滝」を見てきました。

雨が降っていたので、もやがかかっていましたが、その分水量が増していて、迫力!

音もすごかったです。

 Alex 002

Alex 003 

 

こちらは、途中で寄った骨董店。

Alex 004  

食器は売るほどある(笑)にもかかわらず、ついつい食器を見てしまいます・・・。冷やかしですいません!

Alex 005 

 

通りかかっただけですが、笠間稲荷。

Alex 006 

週末は観光客で賑わう街も、平日はのどかです。

Alex 008 

 

 

ランキングに参加しています。ぽちっとよろしく~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキングへ

投票もよろしく!
スポンサーサイト

ワークショップのお知らせ


ワークショップの告知です♪


「オリジナルカフェオレボール&プレートを作ろう!」

39785514_251.jpg

 ヨーロッパのナチュラルカントリーをイメージしたオシャレなカフェ、二子玉川のMARKTcafeの、3th Anniversary Special Week (3/8-3/16)に伴い、ワークショップを開くことになりました。

39745926_171.jpg

内容:
陶磁器用の色転写紙を使って、好きな柄をつけます。
出来上がり後は、高温で焼きつけますので、もちろん食器として使うことができます!
親子での参加も可です(対象年齢5歳以上)。

※写真は作品例です。

日時:3月8日(日)
1回目 10:30~12:30 2回目 14:00~16:00
ご都合のいい時間をお選び下さい。

場所:
MARKTcafe(couleurs) http://www.couleurs.jp/main.html
東急田園都市線&大井町線 二子玉川駅より徒歩7分  
〒158-0094 東京都世田谷区玉川1-17-16

参加費用:4,200円(材料費・焼成費・講習費・送料込み)
     講習終了後は、ちょっとしたお菓子とお茶が出ます。

持ち物:はさみ、鉛筆

その他:
遠方(東京・神奈川以外)の方は、送料を別途いただく場合がございます(200円程度)。
焼き付けますので、約一週間後に郵送でのお届けとなります。


お問い合わせ、お申し込みは Anges(アンジュ)
TEL, FAX 042-742-0633 または anges@r7.dion.ne.jp まで


その他、様々なワークショップが開かれます!
ご参加お待ちしています。



ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくです^^
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 絵付けへ
にほんブログ村

 


上絵付けの絵の具 その2

絵の具についての続きです。

粉を練って保存してある絵の具は、描くときにミキシングオイルよりもさらっとしたペイんティングオイルで溶きます。こちらも水溶性です。

使いかけの写真なので、ちょっと汚いですが・・・絵の具です。
パレット代わりに半磁器のタイルを使ってます。


SN3E0101.jpg

描くとき、オイルが多すぎると分離したり、描いたものが流れたりします。
反対に、少なすぎると、絵の具がその分、厚く乗るので濃く描けますが、焼いたあとに磁器の表面ごと剥がれてしまうことがあります。

特に濃い色やピンクなどの金を含んだ色は、剥離しやすい傾向にあります(分厚くのせなくても、磁器の生地と絵の具の成分の相性が悪いと剥離することがあります)。
キレイに平らに描くには、オイルと絵の具のバランスがとても重要です。

絵の具同士の混色は、基本的にはOK!ですが、絵の具の成分によっては混ぜられないもの、また、どちらかが弱かったり、汚い色になったりしてしまうものもあります。

コレは筆です。

SN3E0100.jpg 

今描いてる作品。

SN3E0103.jpg 

描いたものは、焼きます。

しばらく置いておくと、乾きますが、紙に描くときの絵の具のように、定着はしません。ですので、触るとせっかく描いた絵が消えてしまいます。

描く時は触らないように注意が必要です;

下の写真は、テーブルウェアフェスティバル2009で買った、磁器製の小さい鍵です。かわいい^^

SN3E0102.jpg 

何を描こうか考え中(といっても、あまり描くとこはないんですが)。


ランキングに参加しています。ぽちっとよろしくです^^
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 絵付けへ
にほんブログ村


バレエと白馬♪

 

テーブルウェアフェスティバルが終わり、ほっと一息。

作品展示を見にご来場くださった皆様、ありがとうございました!

しかし、イベントは続きます。といっても、仕事ではなく趣味ですが;

クラシックバレエを習っています。

けっこう長くやってます・・・、まあ、年月と上達とは別の話ということで・・・ ^^;

もうすぐ、発表会です。

私は「パキータ」という作品のヴァリエーションの一つを踊ります♪

SN3E0067.jpg 

↑衣装です。

 

 ところで、年末にとあるフラワーアレンジメントの展示会に伺ったときに、そちらの一角で販売していたクリスマス用のお菓子を買いました。

オーナメントになっていて、すごーくかわいいので、もったいなくて食べられず・・・。

白馬の親子です。

SN3E0069.jpg   

SN3E0070.jpg 

もっとかわいいお菓子を見たい方は、こちらのブログをどうぞhttp://blog.livedoor.jp/parismidori/

 

ぼちぼち、次の展示とイベントの準備をしています。

また詳しいお知らせをさせていただきますので、よろしくお願いします!



ランキングに参加しています。ぽちっとよろしく~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

投票もよろしく!

上絵付けの絵の具


食器に絵を描く、といってもやったことがないとなかなか想像が出来ないと思います。 

「何で描くの?専用の絵の具があるの?」とよく訊かれます。
絵付け用の画材はいろいろあるのですが・・・ここでは私が使っているものを紹介します。

SN3E0086.jpg

↑絵の具は、洋絵の具。原料は「顔料」です。鉱物や重金属などが配合されています。
(ちなみに、写真の絵の具はブルーグレーという色です。)

種類は、様々なメーカーが出しているので、油絵の具と同じように何百種類もあります。
私が使っているのは、約40色です。とはいえ、好きな色は偏ってきます^^;


これを、「ミキシングオイル」と呼んでいる不乾性のオイルで練ります。
私が使っているのは、水溶性ですので(油性のオイルもあります)、匂いはほとんどありません(よ~く嗅ぐと、独特の匂いはします)。


image111.jpg
SN3E0087.jpg

保存用ですので、かなり固めな状態ですので、この状態では、絵はまだ描けません。

SN3E0088.jpg

こういう容器に入れて保存しておきます。
これで、描く時にいちいち粉から練らずに済むので、とっても便利です。

描く時は、ペインティングオイルという、遅乾性のオイルで溶きます。ミキシングオイルよりも、さらっとしています。
オイルは絵の具と磁器の間の「つなぎ(糊)」の役割を果たすので、絵の具のとオイルのバランスが大事です。

image1112.jpg

オイルについて、もっと詳しい説明は、こちらをどうぞ↓
http://www.h6.dion.ne.jp/~anges/gazai.htm

簡単すぎる説明ですが、こんな感じです。




ランキングに参加しています。ぽちっとよろしく~。
にほんブログ村 美術ブログ 絵付けへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

テーブルウェアフェスティバル2009☆レポート


テーブルウェアフェスティバル2009が、東京ドームにて開催中です。
初日は雨のため、入場者数が前年よりもかなり少なかったようですが・・・

晴れたら、この通り。人、人、人。

 

 

IMG_2704.jpg 

IMG_2705.jpg

お昼~夕方頃は、販売ブースも混雑します。
IMG_2675.jpg 


特に中央の展示ブースは毎年大人気です。
今年は、J.P.P.A(日本ポーセリンペインターズ協会)とOCPS(大倉陶園チャイナペインティングスクール)の合同出展のブースが、初企画として設置されました。

ブース内は、ディナーセットのコーナー、ティーセットのコーナー、ティーカップのコーナーがあり、一つ一つ違ったデザインと、様々な手法による作品が楽しめます。

いずれも力作揃いでした。ちょっと写真が綺麗に取れず、残念だったのですが、一部ご紹介します♪

ディナー皿のコーナー

IMG_2688.jpg 

 IMG_2713.jpg

IMG_2710.jpg 

IMG_2712.jpg 

↑私の母の作品です。

ティーセットのコーナー

IMG_2682.jpg IMG_2708.jpg  IMG_2677.jpg IMG_2683.jpg

ティーカップのコーナー


IMG_2684.jpg IMG_2685.jpg

↑上の段の真ん中の果物のカップが母の作品です。

IMG_2686.jpg

↑下段の真っ赤なカップは、姉の作品です。イングレーズの赤で色を出しています。

OCPS(大倉陶園絵付けスクール)の作品

IMG_2714.jpg 

IMG_2715.jpg

あんまりよく撮れている写真がなくて、ホントに残念です;

 

その隣のコーナーは、毎年恒例の「テーブルコーディネート大賞」出展ブースでした。

かわいらしい洋風のものもありましたが、年々和風や、きりりとした大人っぽい作品が増えているような気がします。

和ブーム?

IMG_2707.jpg IMG_2700.jpg IMG_2701.jpg IMG_2718.jpg

「テーブルウェア大賞」は、毎年楽しみです。

斬新なデザインのアイテムがたくさん。プロとアマチュア部門に分かれていますが、アマチュアとはとても思えない作品ばかりです。

お気に入りを一つ。ガラスでできた桃の器だそうです。かわいい・・・^^

実物はもっと透明感がありました。

IMG_2706.jpg

 

恒例と言えば、有名人や各界の専門家によるコーディネートコーナーもあります。

大きなウェディングケーキ発見!

IMG_2690.jpg 

 

その他、各メーカーによる展示や販売のブース。

いろんな工夫がされています。

洋食器

IMG_2691.jpg 

  IMG_2702.jpg

こちらは有田焼きのお雛様です。

IMG_2693.jpg

企画展?! テーマは、「カレーに合う器」だそうです。

ときどき、ん・・・・?・・・カレーに・・・・??というものもあります(笑)。

IMG_2694.jpg

フラワーアレンジメントも。野菜などを使っていて、カラフルでした。

IMG_2692.jpg

 

ちなみに、販売ブースでお手伝いをしています。

IMG_2674.jpg 

IMG_2695.jpg大漁!!

↑ヒマなときは、こういうくだらないことをして遊んでいます。

北海道直送風鮭。

 

テーブルウェアフェスティバル2009は、8日(日)までの開催です。

ご来場お待ちしてます!

 



ランキングに参加しています。よろしくです↓

にほんブログ村 美術ブログ 絵付けへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

ykk okzk

Author:ykk okzk
 陶磁器とガラスのお店/上絵付け教室を家族と経営しつつ、陶磁器に絵を付ける、ポーセリンペインティングアーティスト、または講師として、イベント、講習会などの活動してます。
 お問い合わせなどはお気軽に♪

アートショップ/陶磁器上絵付け教室 Anges(アンジュ) 
http://www.h6.dion.ne.jp/~anges/index.htm
私の個人サイト
http://www.f2.dion.ne.jp/~ypb/

 2003年から1年、南フランス・モンペリエに語学留学していました。フランス語の勉強は独学で続けています。 

まっすぐ目的地に着けない超方向音痴。
図書館、美術館、珍しい食材のお店が好き。
わりとどこでも眠れます。一人旅は好きです。
地味に忙しい毎日。でも楽しむことは忘れてません♪

好きなこと&過去と今の習い事
くだらないものを作る、本を読む、お茶を飲む、料理、クラシックバレエ、書道、弓道、華道、 茶道、西洋中世美術、外国語

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。